エストロゲンが減るとコラーゲンも減少・・・

卵巣から分泌されるエストロゲンですが、美しさや若さのホルモンと言われています。

肌のコラーゲンを守ったり、肌の水分量を増やしたり、女性らしいボディラインを作ったりと大活躍のホルモンです。

このエストロゲンは、本来は妊娠、出産の為のホルモンで、20代で最も多く分泌され、35歳あたりで減少し、40代で急激に減少するそうです。

エストロゲンは、骨盤周りの血流が停滞し卵巣機能が低下してくると分泌が少なくなるとも言われていますので、骨盤周りをしっかりほぐしたり、ストレッチなどをしっかりして若さを保ちましょう。

骨盤周りは筋肉が癒着しやすい部分にもなるので、セルライトゼロ2でしっかりほぐすのがお勧めです♪

関連記事

  1. デスクワーク中にこっそり行えるリンパケア

  2. ベージュ細胞

  3. 白珠物語~輝く白い肌へ~

  4. 肌の老化を進行させる紫外線!!日焼け止めは大切です☆

  5. 唇ケア

  6. 腸内環境を整えて乾燥対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。