背中ニキビ

背中は皮脂腺が多くニキビが発生しやすい箇所です。

その原因の一つとしてマラセチア菌の繁殖があります!

背中ニキビは、皮脂や古い角質が溜まり、代謝が悪くなるとアクネ菌やマラセチア菌、黄色ブドウ球菌などの菌が入り込んでできると言われています。

背中ニキビはマラセチア菌が原因のことが多いようです!

このマラセチア菌は、皮脂を栄養として繁殖します。毛穴が詰まって中に皮脂がたまると繁殖し、皮膚を炎症させてしまいます。

マラセチア菌は、体が弱っていて他の常在菌とのバランスが崩れ、免疫力が低下していると、マラセチア菌に抵抗できずに肌トラブルになるので、免疫力UPも必須ですね♪

ご自宅でできる背中ニキビの改善のポイントは、

  • 背中の汚れや皮脂をしっかり洗浄する。ボディクリームは毛穴が詰まりやすいので、使用する際はジェルなどにする。
  • 皮脂への過剰な刺激は避ける。(タオルやスポンジでゴシゴシ洗わず、しっかり泡立てた泡で優しく洗う。)
  • シャンプーなどの洗浄成分がついたままにしない。

より早い改善をお望みの方は是非サロンまで♪

関連記事

  1. ダイエット中でもお酒が飲みたい方必見!!

  2. 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

  3. 生理前の肌の不調の原因

  4. ポイントメイク落とし

  5. デスクワーク中にこっそり行えるリンパケア

  6. 肌荒れの原因?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。